やってはいけない!ムダ毛処理のタブーを解説

やってはいけない!ムダ毛処理のタブーを解説

毛抜きは使っちゃいけないの?

ムダ毛の処理を毛抜きで行っている人は多くいます。家で手軽にできるし、何しろタダですからね!しかし、細かい部分を少量だけならまだしも、広い範囲や刺激に弱い部分のムダ毛処理に毛抜きを使うとトラブルの元です。代表的なトラブルに毛嚢炎(もうのうえん)があります。毛嚢炎とは毛穴周辺の炎症により毛穴が赤いポツポツした状態になることです。ひどくなると膿がたまり腫れたニキビのようになることもあります。埋没毛というトラブルもあります。中途半端に毛が切れ皮膚の下でムダ毛が成長し表面に出てこれなくなる状態です。これも炎症のきっかけになりますから注意が必要です。

では剃刀で剃るのは大丈夫?

剃刀でムダ毛処理するのは毛抜きと同じかそれ以上に危険です。前もって肌を温め皮膚を柔らかくして、シェービング専用のクリームやジェルを塗り、毛の流れに逆らわないように優しく剃るのならばいいですが、それでも毛嚢炎や埋没毛のトラブルになりやすいです。ガサガサに乾燥したうろこ肌になってしまう可能性もあります。

面倒な自己処理とはおさらば!永久脱毛への道

毛抜きも剃刀も、結局はトラブルに怯えながら毎日処理を続けなければなりません。それでは、永遠にすべすべお肌は手に入りません。やはり、自己処理をする面倒を無くすためにも、つるつるすべすべのムダ毛のない肌を手に入れるためにも、永久脱毛にチャレンジしましょう。エステサロンや美容クリニックにて行われる光脱毛や、レーザー脱毛により、毛が全く生えない、もしくは生えてもほとんど目立たない産毛のような状態になることができます。数回から数十回通う必要がありますが、今後ずっと自己処理を繰り返す毎日なことを思えば、楽なものです。

医療脱毛で使用されている脱毛機器は照射パワーが強いため、より少ない時間で脱毛効果を得ることができます。